独居の高齢者が増加する時代に

皆様、こんにちは。

本日のブログは岡﨑が担当させていただきます。

 

大型連休も終わり、お仕事や日常生活に

戻られた方にとっては今週1週間は身体に堪える

日々をお過ごしになられたのではないでしょうか?

 

当社は、大型連休中もブログの更新をしていたこと

でお気付きかと思われますが、皆様のお困りごとを

解決すべく千葉県内(社長は茨城方面)のお客様宅へ

お邪魔してご相談に乗らせて頂いたり、室内の整理や

仕分けなどを実施しておりました。

 

今回のブログテーマにもなりますが、

世代間で抱える問題は、異なることを身に染みて感じております。

 

その中でも今回は社会問題化する高齢化する

我が国日本の生活に関するお困りごとに対して、

考査していきたいと思っております。

 

今後は独居の高齢者が増加する?

先日、インターネットでニュースを見ていたのですが

国立保障・人口問題発表の将来推計によると

2040年には世帯主が65歳以上の高齢世帯のうち

40%が一人暮らしになるとの事でした。

 

東京都で45%を超えるのを筆頭に、

全ての都道府県で30%を超える見込みとのことです。

 

配偶者との死別、核家族化、ライフスタイルの多様化などが

背景にあるようですが、都市部や郊外だけでなく

地方でも30%は越えるであろうという事で

非常に驚きつつ、ニュースを見ておりました。

独居の高齢者が増えるにあたって

ご自身だけでは、(肉体的や精神的な事情によって)

解決できないような問題、お困りごとが

出てくることが想定されます。

介護保険では解決できない事も多くあるかと思います。

・買い物に行きたいが足がない。

・電球が切れてしまったが交換するのが大変。

・草刈りしなければいけないが大変。

・買い物袋やゴミなど重いものをもって歩くのが大変。

等々、一例ですが様々なお困りごとが予想されます。

 

行政も地域のお困りごとを地域で解決すべく

動き始めているようです。

 

私個人としても地域の勉強会や意見交換会へ

積極的に参加して、今どのようなお困りごとがあるのか?

どのように解決していかなければならないのか?

をスタッフとしてでなく、地域に住まう目線で

発言したり、地域の先輩方よりアドバイスを頂いております。

 

そんな中で、私が考える

CNS(シー・エヌ・エス)の理想的な姿は

地域の頼れるお兄ちゃんになりたいと考えます。

*社長が好きな某アイドルの公式お兄ちゃん的

な感じでしょうか?

お困りごとの中には(地域の方だと申し訳なくて

頼めない)そのようなお困りごともあるかと思います。

そんな時は、是非ご相談ください。

 

地域の中だから遠慮なく、地域に住まい知り尽くす

第三者で明確な立場にいる当社を利用する価値が

出るのではないか?と常々、スタッフ一同

話を進めております。

 

継続的に様々な地域のお困りごとに対して、

サポートさせて頂ければと思います。

___________________________________________________________________________

当社は様々なサポート体制を構築しており、

お客様に最適なご提案を実施することで

お客様に寄り添い、不安と心の不安を解消する

ことを心掛けております。

 

当社の理念である

C(地域/コミュニティ)

N(ネットワーク/人と人との繋がり)

S(システム/信頼関係)を常に心掛けて

地域の皆様が抱える不安や問題に

真摯に取り組んでまいります。

 

千葉・茨城県を中心に

モノとモノを通して、心に寄り添うサービスを提供

空き家や遺品の想い出を次に繋げる

当社オリジナルサポートは下記よりご覧ください。

 

https://www.cns-sawara.co.jp/

 

Face book

 

https://www.facebook.com/cns.sawara.chiba/